あらすじ

NHKのホームページから「あらすじ」をご紹介します。

昭和2年、7歳の桜子は、八丁味噌の蔵元で味噌桶に落ちてしまう。お転婆なのは母親がいないからと心配した周囲の人々は、父に見合い話を持ち込む。が、桜子は大反対。いたずらで見合いの席を目茶苦茶にして、祖父の家の納屋に逃げ込んだ桜子は、母の形見のオルガンを発見し、母を恋しく思う。そんな桜子をみた父は再婚を思い止まる。
10年後(昭和12年)。女学校に通う17歳の桜子は、好きなピアノで身を立てたいと、東京の音楽学校への進学を希望する。卒業したら見合いして結婚するものと思っていた家族は大反対。唯一の理解者だった父も災害で事故死してしまう。しかし桜子は諦めず、数々の障害を乗り越えて、ついに音楽学校入学を果たす。
東京で青春を謳歌する桜子。ダンスホールで生まれて初めてジャズの生演奏にふれ、将来はジャズピアニストになりたいと夢をふくらませる。そのころ、女子校の教師として家計を支えていた上の姉は風来坊の画家と結婚するが、彼の政治思想が原因で、姉は失職してしまう。桜子は弟の進学資金を捻出するために、音楽学校を休学して岡崎に戻る。そこで桜子は、やはり音楽学校を中退して、味噌の蔵元を継ぐために岡崎に戻った幼馴染の達彦に出会い婚約する。その達彦に召集令状が届いた。残された桜子は姑に老舗の若女将としての特訓を受けながら、東京に出た姉や弟の世話をやく。やがて戦時統制で味噌の原料である大豆の調達ができなくなり、蔵元は開店休業状態に。落ち込む姑に代わって、店に活気を取り戻そうと、桜子は奮闘する。果たして桜子は再びジャズへの夢を取り戻せるのか!?

あらすじ” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    Re:あらすじ

    純情きらりホームページがオープンしていました。主な役柄の紹介がある「出演者」、出演者の関係がよくわかる「人物相関図」や岡崎全ロケ風景が観れる「岡崎市ロケ」とみどころいっぱいです。
    http://www.nhk.or.jp/nagoya/kirari/index.html

  2. SHIN より:

    Re:あらすじ

    明日から始まりますね。忘れないでみられるかなぁ

  3. SHIN より:

    スタート
    見ました!
    オープニング、良かったですね。とりあえず80点!
    ただちょっと残念だったのが「岡崎」の発音ですね。
    何度も「岡崎」がでてくるのに、イントネーションの違いが気になりました。(ナレーション部分)ドラマの中のせりふでは、気付かなかったですが、ナレーションでははっきりとイントネーションの違いが分かってしまう。
    なんかちょっと方言指導の方が手抜きしてるみたいで残念。

    でも物語の内容はおもしろかったし、今後も楽しみですね。

  4. “草野球チーム・自営隊々長”こと“隊長” より:

    セレモニー
    こんばんは、“草野球チーム・自営隊々長”こと“隊長”です。

    いよいよ始まりました。『純情きらり』
    朝8時に市役所まで行って、第1回放送を見ましたが・・・。
    50人くらいいたかな?市長もチョットしゃべったし・・・。
    ん~~~~。そんな所です。盛り上がらんかったなぁ・・・。
    みんな仕事の時間だし、今日から新年度の会社が多い中でこの企画は・・・。
    まぁ気を取り直して、お昼ご飯を食べながらお昼の再放送を見ました。
    “shin”さん、私も岡崎のイントネーションは???でした。
    基本は4文字とも平坦に「お・か・ざ・き」なんですが、他県に出ると「か」にアクセントが付いてしまいます。
    母=マサ(“竹下 景子”さん)が「私は岡崎生れで・・・」と言った瞬間「じゃあダメじゃん」と心の中でつぶやきました。
    でも、逆に“竹下 景子”さん自身が名古屋の方ですから「地元ではそうかも知れませんが、ナレーションですからアクセント辞典の通りにお願いします」とでも言われたのでは?・・・なんて憶測をしてみました。
    それと「りん」を使い過ぎでは?半分くらいは普通(標準語)で言っちゃってるような気がしましたが・・・。
    あとは、まあまあって言うか全体的に良かったと思います。
    驚いたのは“加恋”ちゃんの演技力ですね。深いところを理解して表情を作ってるのが、すごく伝わって来ました。
    週末には“あおい”ちゃんにスイッチしてしまいますが、もっと見たい女優さん(子役では無く)です。
    “勇太郎”役の子も一生懸命やってたんですが“加恋”ちゃんとセットだとど~しても・・・。
    “八名”さんに首根っこ引っつかまれる前に自分から立っちゃったのは・・・ねぇ。

    では、また。(^0^)/~~ バイバイ

  5. lonestar より:

    Re:セレモニー
    ついに始まりましたね!
    今まで頑張って更新してきたので、なんだかオープニングだけで「ウルウル」しました。。。セレモニーには行けませんでしたが、レポートありがとうございます。これからもお世話になると思いますので、よろしくお願いします!

  6. あんこ より:

    楽しみです!
    なるほどー。地元の人にとってはイントネーション、色々こだわりがあるのですね。(私は関東人。)

    とはいえ、とっても楽しい朝ドラになりそうです。
    加恋ちゃん、めちゃ可愛いし、個性的な役者さん揃いでやや食傷気味になりそうなところを脚本が魅力的に描きつつあるし。
    NHKでも名古屋放送局のHPでも、子供時代の役者さんについて何にも触れていないのが残念ですっ。

    とにかく、これから毎朝、明るく始められそうです!「ハルカ」で湯布院がすごく魅力的に伝わったけど、岡崎市のことももっと知りたいです!

  7. “草野球チーム・自営隊々長”こと“隊長” より:

    Re:楽しみです!
    こんばんは、“草野球チーム・自営隊々長”こと“隊長”です。

    “あんこ”さんはじめまして、コメントありがとうございます。
    ってな事を言ってますが、私は管理人では無いんですけどね。

    さて、私は連続ドラマを見るのが苦手で、NHK朝ドラも真剣に見るのは「おしん」以来で、比較が出来ないのですが、ど~なんでしょう?面白いかな?
    岡崎人は『思い入れ』と言う名のスパイスがたっぷり効いちゃってますから、冷静な判断が・・・。
    私?私は面白すぎてヤバイです。今日の放送も全身鳥肌で涙をこらえながら見てました・・・。ほら、信用出来んでしょ?
    では、また。(^0^)/~~ バイバイ

コメントを残す