『ロケの風景』その13

こんばんは、“草野球チーム・自営隊々長”こと“隊長”です。

「じゃあ、その帽子もダメです」
“若きTV屋職人のスタッフ”さんに又もや、しかも現場で・・・今度は帽子にNGを出されてしまいました。
ケッコウ(このブログ内で)さかのぼりますが、私はこの日の為に『中折れ帽子とメガネを新調』しちゃいましたから、メガネだけならともかく帽子までNGとなると(購入資金を貸してくれた)ウチのカミさんに何を言われるか分かりません(って言うか、だいたい想像がつくし・・・)
困惑しながらも「じゃあ代わりの帽子を・・・」と思いましたが、ホテルの衣裳部屋まで行かなければ用意できませんから、諦めるしかありませんでした。
結局、私は『当時その辺にゴロゴロいた、普通の着物のオジサン』に、なってしまいました・・・。
グッスン・・・。

結局、帽子も無しになったのでメイク係の人がわざわざ髪型をセットしに来てくれて、かえって申し訳ない気持ちになりました・・・。
と言うのも、私から帽子を取り上げながら“TV職人”さんはキチッと「形が少し違うんです。ここ(帽子のツバのふち)も纏ったりしてません」と説明を入れてくれた事もあるのですが
もうひとつ、小声で「そう言う『ウソ』を教えちゃうから・・・」とブツブツつぶやいていたんです。実は全く同じ事をメガネの時にもつぶやいていました。

人間って不思議なモノで、同じ言葉でも相手が変わればモチロンですが、場所やタイミングがチョット変わるだけで『感じ方』がウンと変わってしまいます。
メガネの時は正直「そんなウソに騙されないぞ」「お前は騙されたんだよ」って意味に聞こえたのですがこの時は理屈で分かってたせいか「いい加減な情報が、いつも現場の邪魔をするんだ!」
「この人(私)に帽子を用意してあげられないのが悔しい」って聞こえました。
彼は申し訳無さそうに私の帽子を取り上げ、メイク係の人を呼んでくれたのですが、そんなこんなでバタバタしてるうちにって言うか知らぬ間に・・・“三浦 友和”さん“宮崎 あおい”さんが登場していました。

スタッフの人たちと細かい打ち合わせをしている“三浦 友和”さんの出で立ちを見てビックリ。
スーツですから似ちゃうほどでは無いのですが、中折れ帽子にふちのある丸型メガネ。私が当初予定してたファッションではありませんか・・・。
考えてみれば初めは『100人もいるエキストラの中で自分を探す為のファッション』というスタンスで準備した出で立ちでしたが、エキストラが4人と分かった時点でど~でも良いモノになっていたのです。
危うくファッションがかぶっちゃって“三浦 友和”さんのイメージを薄くしちゃう所でした・・・。
逆です。m(_ _)m ヒラニーヒラニー 影が薄くなるのは私です。
変に『空回りの気合い』で格好つけて、キャラがかぶらなくてホント良かったです。

コメントを残す