岡崎きらりツアー旅日記 -その3-

「純情きらり」応援ブログをご覧になっている皆さま,こんばんは。
北海道に住んでいる「純情きらり」ファンの“まこ”です。
「岡崎きらりツアー旅日記」の3回目です。お読みください。

<名古屋到着まで~ハプニング発生>

昨年の11月上旬のある日,私は新千歳空港から中部国際空港に向かう飛行機に乗っていました。隣には,私と同じく「純情きらり」ファンである友人が座っていました。私と友人は,その日名古屋に到着したら用事を済ませて1泊し,翌日の午前中に岡崎を訪ねることにしていました。私は彼女に,前日までに集めた「岡崎きらりツアー」の資料を見せて,岡崎での旅程について説明しました。友人は,私が持っていった資料を読んで感嘆し,「『岡崎きらりツアー』は任せる!」と言ってくれました。私はちょっぴり鼻高々でした。

ところが,もうすぐ中部国際空港に到着しようという時になって,思いがけない機内アナウンスが流れました。なんと,中部国際空港上空が強風のため着陸ができず,これから伊丹空港に向かうというのです。私と友人は一瞬言葉を失いました。「イタミクウコウ・・・,そこからどうやって名古屋に行けばいいの?」,土地勘がない私たち二人にとっては,太平洋の真ん中に放り出されたようなものでした。でも,乗客の人たちは誰一人不満も不安も言いません。皆黙ってスチュワーデスさんの指示に従っています。私は,とにかく伊丹空港から新大阪に出て新幹線で名古屋に向かうしかないと,地理がよくわからないながらも,腹をくくりました。名古屋到着は予定よりも2時間くらい遅くなるとは思いましたが,まあ何とかなるだろうと開き直るしかなかったのです。

その数時間後,私と友人は新幹線で名古屋駅に降り立ちました。伊丹空港からリムジンバスに乗り,新大阪駅で東京行きの「のぞみ」を待ちながら,「なぜ私たちはこんなところにいるのだろう」と,不思議な気持ちに襲われましたが,車内で遅い昼食を済ませた後,新幹線が名古屋駅のホームにすべりこむと,安心感からようやく笑みがこぼれました。名古屋はよく晴れていましたが,強い風が吹いていました。北海道からはるばる訪れた私たちにとっても,ちょっと肌寒く感じるような日でした。

岡崎きらりツアー旅日記 -その3-” に対して1件のコメントがあります。

  1. 「あき」 より:

    まこさん、こんにちは。
    そうでしたか~
    セントレア(中部国際空港)は海を埋め立てて作った空港という事もあり
    強風に弱いですから・・・
    ちょっと波乱でしたが一層思い出に残る旅の始まりとなりましたね。

  2. まこ より:

    あきさん,おはようございます。
    そうなんです~。
    私は飛行機によく乗るので,悪天候のために欠航になるというのも,何度か経験しているのですが,目的地と違う空港に着陸したというのは,初めての経験でした。
    でも,このハプニングのおかげで,旅の思い出が一層鮮明になりました。
    この日,航空会社から,新幹線で新大阪駅から名古屋駅に向かうための振替チケットをもらったのですが,使い終わって手元に残った半券は旅先で捨ててしまいました。
    今思えば,あれも旅の記念に残しておけば良かったです。
    鮮やかなオレンジ色のチケットでした。

コメントを残す